テニス発祥地はフランス、ルールの得点はなぜ「15.30.40」なの


テニスの得点の数え方は「1.2.3」ではなく、

ルールでの得点の数え方は「15.30.40」である。


考えてみれば不思議なカウント法だが、

なぜこのようになったのかというと、

これは天文学から割り出されてものだという。



天文学では、1時間が60分、1分が60秒というように、

60という数字がカウントの基礎となる、

この60を4で割った15をテニスの発祥地・フランスでは

カウントの基本にしたのだ。


それには当時のフランスの貨幣制度が、

15を一単位としていたことも手伝ったのだが、

ただ45というのは発音しにくいため

40とカウントされるようになった。
テニスはちょっと縁がなかったもので

点数の数え方までは知りませんでしたが、

そうなんですか。。。。

それにテニスの発祥の地がフランスとは・・・。



これから気候も良くなります。

メタボリックシンドローム解消のためにテニス

でも初めて見るのも良いかもしれませんね〜〜


posted by おもしろ雑学王 at | 学べる雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカランドFX業者
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。