節分の豆まきと恵方巻き2012年方角は「北北西やや右」


節分の豆まきと恵方巻き2012年方角は「北北西やや右」
2月3日は節分、そして4日は立春です。
現在は、立春の前日のことを節分とよんでいます。
節分の由来というのは季節の始まりの前日を示したり季節を分けることを意味していました。現在では節分といえば立春の前日を表して用いることが通例になっています。



節分といえば「オニは外!フクは内!」と言いながら豆まきをしますが・・、
この豆まきというのは、「追儺(ついな)」と呼び、中国から伝わった風習です。
春を迎えるにあたって邪気や災難を払い、新しい年の福善を願うものです。
春を呼ぶ行事でもあります。



豆まきでは年男、または一家の主人が「フクは内、オニは外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べる(または歳の数+1を食べる)と1年病気にならないと言われています。

穀物や、果実には「邪気を払う霊力」があると考えられており、豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込むと考えたといわれています。



節分は豆まきの他に恵方巻き(丸かじり用の太巻き寿司)なども有名です。

★楽天市場で調べる、「恵方巻き」写真付き一覧★

道頓堀で行われた販売促進イベントがマスコミに取り上げられて関西に広がり、その後はコンビニで販売されるようになって全国で販売促進キャンペーンが行われるようになりました。

★楽天市場で調べる「恵方巻き」ウィンドーショッピング★
恵方(えほう)とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のこと。歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされています。恵方は毎年変わりますので今年は どの方角か知っておきましょう。



2010年の場合の恵方巻を食べる方角は、「西南西やや右」
2011年の場合の恵方巻を食べる方角は、「南南東やや右」

2012年の場合の恵方巻を食べる方角は、「北北西やや右」

恵方.png


赤丸のついている方向を向いて食べるとよいですよ!
節分は恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶり(丸かじり)するといいと言われています。

節分の「恵方巻き」を食べるとき、福の神がいる方角を向きますね。2012年の節分には、やや西よりの北を向いて食べましょう。


「鰯(いわし)の頭も信心」などといわれる鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差す風習があります。これも節分の日。これは鰯の頭の悪臭で、邪気が家に入るのを防ぐという意味があります。




ランキング1位の旨さ♪王様のネギトロ!年間1トン以上の販売実績♪築地のネギトロは鮮度が違う...




シンプルながらも6種類の色々な味が!具だくさん♪満足して下さい♪お口いっぱいで、しゃべれま...




節分 恵方巻き スーパー フラッグ デザイン シンプル 激安 セール 安い 販促物 飲食...


posted by おもしろ雑学王 at | はなしのネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカランドFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。