2012年5月21日は金環日食です。


2012年5月21日は、日本の太平洋側の広い地域で金環日食(金環食)が見られます。太陽が環になって見えるという、非常に珍しい、あの金環日食です。しかも今回は離島ではありません。


過去には、わざわざ海外に出かけて見る人、またツアーまでも組まれたときもあったと記憶していますが・・・、
5月21日は、我が日本国内でそれも大都市圏で金環日食(金環食)見ることができるんですよ!。
離島ではありません。


太平洋側を中心とした大都市で見ることが出来るのです。東京や大阪、名古屋といった広い地域で見ることが出来るのです。
楽しみですね。


私の年ではこれを逃すともう見ることが出来ないかもしれません。
次回は18年後の2030年6月1日に北海道で見られます。が、果たしてそこまで体力が持ちますか?(笑)

当日の5月21日はよく晴れて良い天気であってほしいですね 。


金環日食とは?】

日食は太陽が月によって隠されることにより、太陽が欠けて見える天文現象です。

月の見かけの大きさが太陽よりも小さい場合、月が太陽の内側へ完全に入り込むと、太陽は細いリング状に見えます。


これを金環日食、または金環食とよんでいます。ですから金環日食は、日食の中でも特別な日食ということができます


◎ 2012年5月21日の金環日食の見える各地の時間帯と見える地域図
ネット上から引用しました。ちょっとアドレスが解らなくなってしまって。。。。


金環日食-地域.jpg



肉眼で太陽を観察すると目にダメージを与えてしまうほど、強い光を放っています。
「日食網膜症」と呼ばれる網膜障害が報告されており、時には失明してしまうことさえあるのです。
赤外線や紫外線などの目に有害な光線が遮光された日食グラスなどを早めに準備しましょう。




太陽観察専用サングラス♪【太陽観察専用SUNGLASS】太陽 メガネ、太陽観察 サングラス、 太陽...



posted by おもしろ雑学王 at | 学べる雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカランドFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。