金環日食(金環食)・皆既日食と自然現象紋


国内主要都市で見える金環日食(金環食)
2012年5月21日に見られる金環日食は非常に珍しい天文現象です


金環日食や皆既日食となると、日本という広い範囲でみても、十年から数十年に一度の頻度でしか起こりません。
前回日本で見られた金環日食は、1987年9月23日に沖縄で観測されたもので、25年前の話です。また次回は18年後の2030年6月1日に北海道で見られます。


今回の金環日食(金環食)は日本の太平洋側の広い地域で見られます。太陽が環になって見えるという、非常に珍しい、あの金環日食ですが、今回は離島ではありません。

東京や大阪、名古屋など、太平洋側を中心とした広いエリアの大都市で見ることができるのです。これほど広範囲で見られるのは西暦1080年以来932年ぶりの出来事です


直近の皆既日食は、2009年7月22日、日本の陸地では46年ぶりとなる皆既日食が観察されました。残念ながらトカラ列島など、多くの地方では天候に恵まれなかったようですが、一部の島や洋上では、コロナやダイヤモンドリングが観察されました。
月輪紋.jpg

そんな天体ショーともいうべき金環日食(金環食)、皆既日食を思い浮かべながらいろいろな情報収集時にふと月輪の紋とか中輪、半月などの家紋を思い浮かべました。
自然現象からできた家紋も多くある。月、星、山、水、雪、雲、波、稲妻などなど自然また自然現象をとらえた家紋も多く存在します。
月輪などは金環日食そのもののようにも感じられますね〜〜
自然紋===波/山形・山/雪紋の一例
自然紋===稲妻/雲/州浜紋の一例
自然紋===月/星/曜紋の一例

家紋は自然現象などからとった家紋も多くありますから太古の人々も金環日食、皆既日食を見ながらこれらの家紋へと発展していったのでしょうか?
夢膨らむ2012年5月21日の天体ショー、金環日食が待ちどうしいですね



posted by おもしろ雑学王 at | 学べる雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカランドFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。