節分の豆まき行事が行われる増上寺


節分は「季節を分ける」という意味で「節分」となります。

現在、節分は立春の前日のことですが、本来は、季節の始まりを表す「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日はすべて節分と言われていました。
その中でも、一番重要とされていたのが、「立春の節分」。つまり今の節分なのです。


また立春を一年の始まりのひとつとする「立春正月思想」から、立春の節分に 「豆まき」等の儀式を行うようになったそうです。


節分の豆まきの行事は室町時代に、中国から「鬼やらい:追儺(ついな)」の儀式として伝わり宮中で行われたのがはじまりだそうです。

増上寺.jpg

毎年増上寺では年男年女や角界関取・芸能人の方々による「豆まき」が行われ、今年1年の【無病息災・災厄消除・開運招福】をお祈りする行事が盛大に行われています。

posted by おもしろ雑学王 at | 学べる雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカランドFX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。